PTSDにおいて精神療法が前頭極皮質機能に及ぼす選択的効果

Selective Effects of Psychotherapy on Frontopolar Cortical Function in PTSD

Gregory A. Fonzo, Ph.D., Madeleine S. Goodkind, Ph.D., Desmond J. Oathes, Ph.D., Yevgeniya V. Zaiko, B.A., Meredith Harvey, B.A., Kathy K. Peng, M.A., M. Elizabeth Weiss, Ph.D., Allison L. Thompson, Ph.D., Sanno E. Zack, Ph.D., Colleen E. Mills-Finnerty, Ph.D., Benjamin M. Rosenberg, B.A., Raleigh Edelstein, B.A., Rachael N. Wright, B.S., Carena A. Kole, B.S., Steven E. Lindley, M.D., Ph.D., Bruce A. Arnow, Ph.D., Booil Jo, Ph.D., James J. Gross, Ph.D., Barbara O. Rothbaum, Ph.D., Amit Etkin, M.D., Ph.D.

目的
曝露療法は心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対する有効な治療であるが、精神療法が脳機能にどのように影響を与えるのかに関する、情動に焦点を当てた包括的視点は得られていない。著者らは、3つの情動反応および情動制御パラダイムにおける持続曝露療法後の脳機能の変化を評価した。

方法
安静時と情動反応および情動制御を評価する3つの課題を遂行中のPTSD患者に機能的MRI(fMRI)を行った。その後、患者をすぐに持続曝露療法を行う群(36名)または待機リスト群(30名)に無作為に割り付け、最終治療セッションの約4週間後またはそれに相当する待機期間後にそれぞれ2回目のfMRIを行った。

結果
ネガティブ画像の認知的再評価時のみに治療特異的変化が観察された。精神療法により、外側前頭極皮質活動および腹内側前頭前皮質/腹側線条体の結合性が増加した。前頭極活動の大きな増加は、過覚醒症状および心理的幸福感の改善と関連していた。前頭極皮質には、治療後、さまざまな経時的な安静時シグナルパターンの変化も認められた。健常参加者に対して同時に行った経頭蓋磁気刺激およびfMRIでは、外側前頭極皮質が腹内側前頭前皮質/腹側線条体に下流の影響を与えることが示された。

結論
ネガティブ情動の意図的な制御時の前頭極機能の変化は、PTSDの精神療法による適応的変化の1つの重要なメカニズムである。情動制御時の腹内側領域との前頭極結合性が精神療法により促進されることと、健常者において前頭極皮質が腹内側領域に下流の影響を与えることを考慮すると、これらの知見は精神療法がどのように機能するのかに関する新しい概念化に示唆を与え、刺激に基づく治療法の有望な標的を明らかにしている。

(Am J Psychiatry 2017; 174:1175–1184 監訳:岩手医科大学 医学部 精神神経科学講座 大塚耕太郎先生)


画像をクリックするとPDFが開きます

▲ページトップへ戻る

閉じる